久々に

久々にバンドでのライブができることになり、なんとまぁ明日暴れることができやす。

メンバー千葉、埼玉、神奈川、東京というそれぞれの生活があり、細々としかし熱くパンクなロックができることはうれしいでふね。

4月にまたもや椎間板ヘルニアが発症し、とてつもない地獄の痛みとの戦いの中、すっと曲が浮かんでしまい、それが形になり、今回のライブでやれてしまうのだが、何せメンバーに紹介してから数回の練習でライブに乗せてしまうので、いつにないテンションと緊張感がある。

日々のやるせなさでふと思い返すその記憶に逆に励まされる、そんなどこにでもある内容だが、疾走感のあるくたびれ哀愁パンク。
もうどうしようもない40代のくたびれたパンクってなかなかないんじゃない?笑

スネアのヘッドがかなりきてて、抜けのない音になってきてたのは気になっていたのだが、今さっきヘッドを交換してしまった。部屋では大音量出せないから、ちゃんとチューニングできてない状況だが、なんとまぁ明日そのまま持っていってしまうという、本格的にやってるところからしたら、かなり白い目で見られることをやることになる。しかし、メンバーは気付かないだろう 爆

まだ、締め付けがなじんでないから、曲はじめと最後で、スネアの音が変わってそう 笑

しかし、いろんなことが覚えられなく、忘れやすくもなって、曲順もすぐに思い出せない。
まぁ、楽しんできましょうかね。