アクセスカウンタ

THE 日誌 by SPACE-TRIPPER

プロフィール

ブログ名
THE 日誌 by SPACE-TRIPPER
ブログ紹介
日々の話ありーの 
旅の話ありーの 
音楽の話題ありーの 
ふてくされありーの 
人目を気にせず何でもつづるスペース
          by SPACE-TRIPPER
zoom RSS

BIGLOBE光 ビッグローブ光 現状2

2017/05/26 20:09
やっと工事通知が来たけど、3週間くらい待っただろう。

しかし、日程についてはこちらの都合は一切聞かないシステムのようだ。

もし、提示された日程が都合悪いときや、当日緊急の用事ができたとは、工事の日程はどうなるのでしょう。

再度、調整のために待ちになるのでしょうか。

こういった日程の提示の仕方だと見通しが立てられないなと感じやしたな。

今回は、幸運にも丁度、仕事を午後休める状況だったので、提示日には大丈夫だったけんども。

ちなみに、土日申請にすると3000円余計に払うことになるのだ。もともと工事費は安いもんではないので、こういうのもねぇ。まぁ、土日に集中するだろうから、抑止のためのプラス金額でもあるんだろうけども。

さて、工事は13時〜17時の間に来るという、これも見通しのもてない提示時間だが、15時頃に来てくれた。

部屋に入るなり、すぐに工事。電話線のある部屋にどんどん入っていかれて、少しとまどいましたな。

まぁ、1時間しないくらいで工事は完了した。

そして、モデムに直、パソコンをつなげると、とりあえずつながりやした。

その後、ルータ(PA-WG1200HP2)をネット購入し、2日後にwifi環境完了!

今のところ、しっかりつながり、切れたりもしてない状況ですな。速度は、自宅は電話局から5キロ以上あるから少し落ちるのは承知の上だけど、だいたい夜6M、昼20Mくらい出てやすかねぇ。光にしては遅いけど、こんなもんで十分なのでこれはこれでよしとする。

これにて、Wimax2+を解約する。
記事へトラックバック / コメント


BIGLOBE光 ビッグローブ光 現状

2017/05/12 18:54
BIGLOBEには長年お世話になっていますが、ここにきて光にしようと思い、BGLOBE光に契約してみました。

どういう状況かありのままに書いていきたいと思います。(現在、BIGLOBE・WiMAX2+を契約中)

ネットから申し込みました。申し込み完了通知の書類は数日後に届きました。初期パスワードなどの情報が載っていますが、もはやパスワードを変更してるので、この初期パスワードの情報は戸惑いました。

そして約一ヶ月。申し込んだのを忘れてしまうくらい待っていますが、一向に開通工事の連絡すら来ません。いつ工事してもらえるのか全く見当もつかず、計画もできない状況です。

どうすればいいのか、BIGLOBEのサポートにメールで夜、問い合わせたら、次の日に返信があり、もう少し待つようにとのこと。ちゃんと申し込まれてますのでご安心くださいとのことでした。

でも、BIGLOBEのマイページには、全く申し込んだことの表示がなく、そういえば、申し込みしたときの確認電子メールもなかった気がする。

よく分かりませんな。状況が進んだらまた記述しましょうかね。

あと、サポートのメールはなるべく事を静めるような書き方をしてきますが、全く解決にならないことが多い気がしますな。

BIGLOBE・WiMAXについてもものすごい仕打ちを受けたので、こちらもありのままの事を書いてみたいですな。
記事へトラックバック / コメント


princess princess FOREVER

2017/03/08 23:26
遂に最後のライブ映像が届きやした。

画像


おいらの音楽ライフの一部であるプリプリでやんすが、感動的なライブ映像でした〜。

初期の曲もあり、懐かしい気分で一杯。。初期のって今くらいの方がしっくりくる曲想のものが多い気がするんだよねぇ。

しかしながら、いい演奏だし、ぶっちゃけトークは面白いしで楽しい時間でしたな。

あ、そういえば、このライブ、チケット取れませんでしたな。スタンバイしてたのになぁ。

でも、また結成かもと言ってくれてたので、まだ人生において楽しみが残されるかも。
記事へトラックバック / コメント


フィリピン7

2017/03/07 19:11
バナウェ

数年前、実はこの地へ行きたいがためにフィリピンに行ったのだが、高熱を出し、マニラで断念。

ようやくたどりつきやした。

世界遺産の棚田がある観光地、バナウェ。
画像



画像



画像



トライシクルにのってバタッド村へ・・・こんな路も
画像



写真じゃ伝わらない景観。ため息の出る風景でしたなぁ。
画像



画像



ものすごい山道を歩き、タッピヤ滝へ。想像以上の水量で圧倒的でしたな。しかし、ほんと疲れる行程でしたなぁ。
画像



タムアン村からポイタン村への道のりも、迷いながら独り歩く。やっとのことでポイタンへの表示を見つけた。途中、全然違う方向に行ってしまい、途中であった村人に聞きながら歩き、ホッとした瞬間。
画像


ポイタン村が見えた〜!
画像



10時間の夜行バスに乗り、マニラへ。
マニラの海岸沿いにあるSMモール・オブ・アジア近くの遊園地風景で終わり!
画像



今回のフィリピンはルソン島北部を巡ってきやしたが、ほんと色々な風景に出会い、体を動かし、感動を味わえた旅となりやした。ガイドとなってくれた人々とも色々な話ができた。まだまだ行っていない島もあり、興味は尽きませんな。また近いうちに行きたいですな〜。

と書いてるうちに、先週、香港へ行ってきたのだけんど 笑 FIN
記事へトラックバック / コメント


フィリピン6

2017/02/19 20:07
サガダからボントックへ。

朝、何便かあるジプニーにのって山道をゆく。
酔い止め飲んだのに、途中ですごい車酔い・・・。手足がしびれる。45分の道だったが、あぶなかった。
濃いコーヒーを飲んだからかもしれない。もっと雄大な山の景色や川のある風景をのんびり見ていたかった。

ここボントックは、バナウェに行くハブとなる地。また、博物館も質がよいという評判なので、バナウェに行く途中に寄ろうと思っていた。しかし、今日は1月2日、開いてるか不明。でも行ってみよう。途中、犬に威嚇されて、噛むなよーと心の中で祈るw

博物館は小学校の敷地にあった。しかし、やはり扉は閉ざされていた。少し、車酔いが残っていたから、そこで立ち往生していたら、突然、スタッフのおばちゃんが「今日は休みで中は開けられないけど、外の展示ものは見ていけるよ」と案内してくれた。ラッキー!伝統的な家が特徴。

画像


その後、ボントックの街なかをぶらぶらして、バナウェへの交通手段を探る。ガイドにはジプニーとバスが出ているようだが、ジプニーで酔ってしまったので、できることならバスでいきたい。しかし、バスが出る気配がない・・・。どうやら(自分がいたときは)ジプニーでしか行けないようだ・・・。しかも、満席になるまで出発しないらしく、1時間以上待ちぼうけ。でも急いでないし、のんびりと。

ジプニーで遊ぶ子供たち
画像


なんか、現地の人においら、盗撮されてるような気がするんだが・・・笑
極東の人が珍しいからか?!

しかし、バナウェへはジプニーで2〜3時間かかる。酔うのイヤだなぁ。もう一つ酔い止め飲んどけw
予想通りすごいカーブの道をゆく。しかし、どうしてか全く酔うことなく到着することができた。

やはりバナウェは観光地、人が多い。山間にある街で、道も坂がすごい。

画像


ここではボガホームステイというところに宿泊。ここは評判がよいはずなのだが・・・うーん。よそよそしい雰囲気で期待はずれだった。


お次はバタッドとバナウェの棚田!


記事へトラックバック / コメント


フィリピン5

2017/02/05 22:06
サガダ

ここで年越し。

バギオからサガダへの道のりは、ものすごいカーブと坂の連続の道。酔い止め薬を飲んでいないととんでもないことになっただろう。

ここは、ライステラス、洞窟、ハンギングコフィンなどが名所。

宿はイザベロズ イン アンド カフェ。木の壁が温かみを感じさせてくれるが、安い個人部屋は独房のよう笑

着いてすぐに、洞窟探検へのツアーを、インフォメーションセンターの一角にある特別ブース(?!)で申し込めることになった。すぐ、出発できるとのことで、なんとまぁ、ラフな雰囲気。団体で行けるかと思ったが、若いガイドと二人で。洞窟まで歩けなくはないが、車での送迎も有料でしてくれる。

この洞窟探検・・・4時間コース。1〜2時間の別コースもあるのだが、せっかくだからやはり、冒険したい!
4時間もどういう空間だか分からないような所を行くのは結構勇気がいるものだが・・・ね。

ルミアンケーブの入り口にはいきなり積み重ねられた棺
画像


こんなところを下ったり、上ったり・・・整備された道はなく、落ちたら大怪我か死かってな所が多かった。
画像


棚田のような岩面
画像


ガイドが、君にプレゼントのケーキだってジョークを言ってたw
画像


この洞窟探検、なかなかのもので、自分の体がやっと通れるくらいの隙間を通ったり、水の中を行ったり、滑り落ちるようにして降りたり、ガイドの肩を使って岩を登ったり、ロッククライミングのような状況で落ちたらどうなるんだっていうところも多く、また先が分からない不安と暗闇で、久しぶりに冒険したという気分でしたな。

4時間くらいかかるコースだけど、自分は2時間くらいでクリアできた。ガイドがどんどん進むからこちらも必死でしたな。結構恐怖心で、途中吐きそうになったのは正直なところ。次の日は全身筋肉痛でした笑

この日は12月31日、夜は街なかで打楽器やダンスで結構盛り上がる。
画像


ヨーグルトハウスと呼ばれるレストランの、ハチミツがけヨーグルトはおいしかった。
画像


他に、エコーバレー(声が反響する谷)、ハンギングコフィン(吊るされた棺)のツアーにも行った。
画像



年末年始と洞窟探検、墓巡りとなかなか味わえない出来事でした。

次はボントック〜バナウェ
記事へトラックバック / コメント


フィリピン4

2017/01/28 21:31
バギオ

標高1500Mで、避暑地として海外の旅人だけではなくフィリピン国内からも多くの家族が集まる。

盆地で平らな道がほとんどないので、歩くのが結構大変。また車も多く、排ガスのにおいもすごい。

マーケット。すごい人手でしたな。
画像


画像


画像


ジプニーは乗り合いバス。車体に行き来する場所が書いてある。それぞれのペインティングがかっこいい。行き先によって場所が大きく離れるので調べるのも冒険。ギュウギュウになってガタガタ進む。
画像


公園
画像


バギオ博物館。コンパクトだけど分かりやすい展示の数々でしたな。
画像


マインズビューパーク。バギオ市内でジプニーを探して乗り込み、山を進んだところにある突然現れる観光地。花の店が並ぶ道を行き、すばらしき展望台での鉱山地帯のながめ。
画像



バス時刻表。日によってかわってた。バギオからサガダ、ボントック行きは年末だからか出発時刻が定まってなかった。また、予約ができないとのことで、朝早くチケットを買いにいって乗ることができた。朝6時の段階で2台目の最後の何席かだった。まだあとに数台あるようだったが。なんと1月1日は運行がなかったらしい。あぶないあぶない。サガダにいけなかったら計画が狂うところだった。
画像


バギオ市街地を少し離れたビビッドな家々。
画像


お次はサガダ。

ここまでの行程で一つ悔やまれるのが、世界遺産のサンタマリア教会をはしょったこと。
雨が降る日々で、雨対策をしてない状態だったため、大変かな〜と思い次に進んでしまった。

でもサンタマリア、雨、降らないでやんの。こんなこともあっていいかな笑
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

マクロミルへ登録
THE 日誌 by SPACE-TRIPPER/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる